バンコク観光ガイド
car rental


バンコクの旅行を楽しもう


バンコクの遺跡

アジアの中でも近代化を急成長で遂げた「バンコク」。


仏教の国「タイ」ということもあり、
日本とは食生活や文化に、数多くの共通点があります。
その中で、東南アジアのテイストやカルチャーが融合した地域として、さまざまな発見や文化に触れることもできます。
ぜひ、東南アジアで急成長を遂げるタイの首都バンコクに足を運んでみてはいかがでしょうか。
きっとこれまでにない文化の融合や発見を見つけられるはずです。


バンコクのホテル

バンコクは、かつては、水上交通が盛んな「水の都市」として栄えていましたが、 現在は、高層ビル群が多くそびえ、日本からも労働者が訪れる都市として知られています。
そのため、滞在も近代的なホテルにリーズナブルに宿泊できるなど、観光も十分に楽しむことができるようになってきています。 また、滞在費がヨーロッパに比べて比較的安いため、ロングステイにもうってつけとなっています。
仏教の歴史や文化も融合しているため、ダイナミックな時間を歴史の変動を知りたい人にとっても、斬新な文化があふれている都市でもあります。



歴史が入り乱れる街バンコク


ホアランポーン駅

バンコクは東南アジアでも急成長を遂げた都市であるため、さまざまな文化が融合していることで知られています。

バンコクの中央駅である、ホアランポーン駅から北に延びる線路を境に、南北で旧市街と新市街で分けることが可能です。


新市街では、比較的近代的なビル群やショッピングモール、ビジネス街として急速に栄えた様子が見られますが、 旧市街では依然として、路面店などがあふれかえっているなど、まさに新旧が融合したアジアの雰囲気を存分に感じられる都市でもあります。

また、近年では、ホテルや地域密着型の大型ショッピングなども登場しているため、 予定が短い観光旅行では集中してスポットを限定して訪れることができるようになっています。
さまざまな地域や歴史が融合した都市として、いろいろな文化を体験できる都市のひとつといえます。



タイ・バンコクの料理の文化


バンコクの屋台

タイ料理、とくにバンコクにはさまざまな地域の料理が集まることでも有名です。
路面屋台の情緒あふれる昔ながらの光景はもちろんのこと、高級レストランもあるなど、さまざまな文化が融合していることが特徴の町です。


タイ料理には「ナンブラー」など魚の魚油をしょうゆ風に使った料理が数多く登場しており、日本人には比較的親しみやすいテイストとなっています。



そのほかにも、インドの影響を受けた「スパイスのきいた」料理が数多くあるので、カレーや香辛料を使った肉料理が好きな人には、非常に魅力的な料理メニューとなっています。
また、「米」もかつて日本で流行った「タイ米」という、細長い米を使っているため、カレーとのベストマッチを味わうことができます。
どことなく、日本人にとっては、懐かしさを感じさせるような、アジアの繁華街・バンコクの雰囲気や歴史を味わってみてはいかがでしょうか。


⇒バンコクへの格安航空券はこちら
⇒バンコクでレンタカーを借りるならこちら



COPYRIGHT(C) バンコクガイド ALL RIGHTS RESERVED.